借金解決の達人@プロが教える借金返済方法

借金の無料相談ができる「法テラスってなに?

法テラスは2005年に国が設立した法的トラブルなどの相談を受け付ける機関です。

最近ではTVCMなどで見かけることも多くなってきましたよね。

 

しかし実際にどんな相談を受けてくれるのか、どんな業務をしているのかということはあまり知られていません。

 

このページでは法テラスはどんな場所なのか、借金問題をどう手助けしてくれるのかということを解説します。

法テラスとは?

法テラス(日本司法支援センター)は簡単に言うと全国に拠点を持つ法律相談所です。

 

借金問題だけではなく、離婚問題や傷害、物損の損害賠償など、あらゆる法的トラブルの相談を受け付けています。

 

国が雇った弁護士が全国の拠点で相談を受け付け、自分に合った弁護士がいる事務所を紹介してくれます。

場所や相談した人の状況によりますが、基本的には無料で相談できます。

 

法テラスに相談するメリット、デメリットは?

法テラスを利用する最大のメリットは、お金をかけずに相談ができるということ。

 

法テラスのデメリットは借金問題を早く解決したい!という方には向かないということです。

 

法テラスが抱えている一番の問題は深刻な人員不足です。

 

法テラスは借金問題だけではなく、あらゆる相談を受け付けているので、相談を受ける弁護士からするとかなり過酷な現場です。

 

法律問題の相談は設立から年々増加しており、弁護士不足は深刻な問題になっています。

 

そのため、相談の一つ一つに時間をかけることができず、相談日の間がすごく空いたり、相談の時間があまり取れず解決に至らなかった、という声も多く聞こえます。

 

借金問題の強い味方!弁護士費用立て替え制度

法テラスでは借金問題を解決するために債務整理をする際、弁護士費用が払えないという人に費用を立て替える制度があります。

 

「民事法律扶助」という制度です。

 

この制度を利用するためには、まずは無料相談を受ける必要があります。

 

相談をした結果、援助が必要と判断された場合にかぎり、費用を立て替えてもらえます。

 

立て替えてもらった費用は返済する必要がありますが、月々5,000円~10,000円ほどを分割で無理なく返済することができます。

 

民事法律扶助は誰にでも使えるわけではない

法テラスの大きなメリットが「無料で相談できる」「債務整理にかかる費用を立て替えて貰う」の2つ。

 

このうち費用の立て替え(民事法律扶助)は助かります。

でも誰にでも立て替えてくれるわけではありません。

 

民事法律扶助の条件

法テラスは弁護士・司法書士報酬などを支払う余裕がないという方に対して、その費用を立て替える制度があります。無料の法律相談を受けた結果、弁護士・司法書士報酬等の援助(代理援助・書類作成援助)の要件を満たす場合には、費用立替制度を利用することができます。援助開始決定後、弁護士又は司法書士の選任手続きを行い、法テラスと案件を担当する弁護士又は司法書士と本人の三者間で所定の契約書を締結します。これにより、契約書記載の費用や着手金は、法テラスが弁護士又は司法書士に立て替え払いします。

http://www.houterasu.or.jp/service/hiyoutatekae/

 
独身の場合は、基本的に給料が18万2,000円以下でないと、建て替えてもらえません。

また夫婦2人の場合は、さらに厳しくなります。

夫婦2人の収入を合わせて25万1,000円以下である条件となります。

 

夫婦の場合、資産が250万円以下であることも条件になります。

つまり「家を持っている」「マンション購入した」夫婦の場合は、建て替えてもらえません。

 

収入だけじゃない、法テラスの民事法律扶助の条件

「債務整理をしたときに、賃金業者に勝てるという見込み」

「収入が条件以下か、資産はまったくないか」という書類の提出。

この2つも条件になります。

 

無料相談のため「いたせりつくせり」ではないのです。

忙しい合間を縫って相談してくれるので、「借金解決に時間かかってもいい、とにかく無料でなんでも終わらせたい!」という人にはいいかもしれません。