借金解決の達人@プロが教える借金返済方法

債務整理は弁護士と司法書士 どちらに頼むほうがいい?

債務整理を弁護士と司法書士に頼むのってどう違うの?

 

債務整理の手続きを行うには、まず弁護士か司法書士に依頼をすることから始まります。
しかし、債務整理のことや法律に詳しくなければ、「弁護士と司法書士、どちらに依頼をする方がいいんだろう」と迷ってしまいますよね。

 

このページでは債務整理における弁護士と司法書士の違いやメリットデメリットの違いを解説します。

似てるようで似てない!弁護士と司法書士は業務の違いは?

まずは弁護士と司法書士の仕事の違いについて知っておきましょう。

 

「弁護士」とは、身近に起きる金銭トラブルや刑事事件、離婚や借金問題など、あらゆる事件でおこる調停や訴訟、裁判で本人の代理人をつとめる仕事です。

 

「司法書士」はこのような法律に関する「書類の作成」や「登記の代行」をする人のことをいいます。

 

「行政書士」は「役所へ出す書類の作成」をする仕事で、裁判所へ提出する書類作成など、裁判に関わる業務はできません。

弁護士と司法書士はできることの範囲が違う

債務整理における一番の弁護士と司法書士の違いは、「行える業務の範囲」が違うことです。

 

基本的に弁護士は手続き等による制限はなく、消費者金融との交渉から裁判までどの手続きでも代理人を務めてくれます。

 

その点司法書士は「裁判書類の作成」と「登記」が専門分野です。

 

債務整理に関しては、弁護士の方が相談から手続き終了までスムーズに仕事をしてくれることでしょう。

 

例外として、「認定司法書士」の資格を持っている司法書士なら「借金の総額が140万円まで」の債務整理の場合であれば弁護士と同じような業務ができます。

 

弁護士と司法書士の費用の違いは?

弁護士の方が手続き終了までスムーズと書きましたが、弁護士に依頼をするデメリットもあります。

 

それは、弁護士の方ができることも多い分、かかる費用も高くなりがちだということ。

 

比較的低い金額の債務整理であれば、司法書士に依頼をした方が費用を安く抑えることができる場合もあります。

 

まずは相談をして料金等をよく確認しておくことをおすすめします。

気になる債務整理の費用はこちらの記事を参照

 

とはいえ、一番の判断基準は「相談した弁護士や司法書士が信頼できるか」ということを忘れてはいけません。

 

良心的な費用でも仕事を適当にこなされては意味がないので、費用の額は依頼をするかどうか判断する基準の一つ、程度に考えておきましょう。

 

債務整理は弁護士と司法書士、どちらに頼んだ方がいい?

債務整理をするなら弁護士と司法書士、どちらに頼んだ方がいいのか。
それは債務整理を依頼した人の借金の状況によります。

 

どの債務整理をするかによって、弁護士か司法書士か変わってくる

 

借金の金額が多くない人

比較的借金の金額が低く、任意整理で済みそうな状況なら費用も安く抑えることができる司法書士に依頼をした方がいいでしょう。

任意整理など債務整理の種類の違いはこちら

 

借金の金額が多い人

逆にいくつもの消費者金融から借金をしていたり、借金の総額が多い場合は個人再生や自己破産の選択肢が出てくるので、弁護士に依頼をした方がいいでしょう。

 

最後は無料相談してみないと分からない

最終的には「弁護士か司法書士か」ではありません。

自分にはどんな債務整理の方法がいいのか、弁護士や司法書士への無料相談などで知ることが大事です。