借金解決の達人@プロが教える借金返済方法

クレジットカードで借金!どうすれば返済できる?

クレジットカード

クレジットカードはとても便利です。

 

手持ちのお金が足りないとき、ちょっとした買い物をするときなどにサッと取り出して決済。

 

しかし気がついたら多額の未払い残高を記した明細が届いたり・・・

 

 

「いつの間にか、クレジットカードの返済ができなくなる」状態に陥る人が増えています。

なぜクレジットカードで借金になるのでしょうか。

クレジットカードのリボ払いで借金を背負う

リボ払いは支払い残高に応じて月々決められた額をクレジット会社に支払う方法です。

 

1ヶ月の間にどれだけ使っても払う額が一定なので、支払いが続けやすいメリットがあります。

 

ただリボ払いのデメリットも大きいのです。

まずリボ払いには金利の高さが上げられます。

 

一般的なリボ払いの金利は約年利15%です。

 

1ヶ月の支払いの中ではなかなか目立つ金額ではないですが、問題はリボ払いになると返済が長くなる傾向にあること。

 

もちろんクレジットカードの支払いが長くなればなるほど払う金利も積み重なって高くなってしまいます。

 

返済が長くなると、その間にクレジットカードを使った分の支払いもたまり気がつくと限度額に・・・
ということも多くあります。

 

クレジット会社も最近はリボ払いを推奨している会社が多く、それだけ利益があがるシステムなのです。

 

 

複数のクレジットカードを持つのは気をつけよう

クレジットカードは簡単な審査で持つことができます。

 

最近ではポイントカードと併用することができるカードなどもあります。

ただ、クレジットカードを複数持つ上で覚えておいてほしいことは、

 

クレジットカードの枚数=借金ができる枠の数

 

と覚えておきましょう。

 

限度額25万円のカードを4枚持つということは最大100万円まで借金ができることと同じです。

 

現に、借金で悩んでいる方のほとんどがクレジットカードのキャッシングなどを利用しています。

 

時には助けになるクレジットカードですが、お手軽に考えると大きな借金を抱える可能性があるということを肝に命じる必要があります。

 

クレジットカードでできた借金も債務整理ができる

 

クレジットカードでの借金が膨れあがってどうしようもない・・・

 

そんな時でも債務整理で減額できる可能性があります。

 

一番オススメするのは任意整理

 

クレジットカードでの借金だけなら100万円以下の借金の場合が多いと思いますが、任意整理は元本を返済していくことを前提に将来的な利息や遅延損害金を0にする方法です。

 

現実的な返済計画をしっかりと立てて借金を返済していくことができます。

 

 

>>借金を効率よく返済するコツはこちら

 

また、古いカードだとキャッシングやローン部分に過払い金が発生してお金が戻ってくることがよくあります。

 

その場合はショッピング枠の残高と相殺して返済、それ以上にお金が残る場合もあります。

 

任意整理をすると5年間クレジットカードを作れなくなりますが、クレジットカードが原因で借金を作ってしまったなら、もう借金が増えることはないとメリットにしてしまった方がいいでしょう。

>>金額が大きい借金の解決方法はこちら