借金解決の達人@プロが教える借金返済方法

債務整理ってどんな種類があるの?メリットやデメリットは?

「債務整理」とは、弁護士や司法書士を通じて手続きをすることで、唯一合法的に借金を減らすことができる手段です。

 

このページでは債務整理の種類やそれぞれのメリット、デメリットを解説していきます。

 

債務整理の種類は大きく分けて3つ

 

主な債務整理の種類は、

 

・任意整理

 

・個人再生

 

・自己破産

 

この3つに分けられます。

 

他にも消滅時効や過払い金返還請求などの方法もあります。

今回は借金を減額することにフォーカスしてこの3つの方法を解説します。

 

任意整理で利息を全額カットして楽々返済!

任意整理とは弁護士や司法書士に債権者(消費者金融やクレジットカード会社など、お金を貸してくれた人)と交渉してもらう方法。

借りた人の返済が楽になるように、条件を合意して貰う手続きです。

 

なぜ返済が楽になるのか?それは利息で大きく変わるから

お金を借りるときには利息がつきますよね。

この利息には『年率○%で利息を貰いますよ』と決まっています。

 

法律で「利息はこの金額までしか取ってはいけませんよ」と決まっているものを『利息制限法』といいます。

しかし利息制限法よりも、たくさん利息を取っている業者が多いんです。

 

利息制限法による正しい利息

10万円未満 年間20%
10万円以上〜100万円未満 年間18%
100万円以上 年間15%

 

これよりも利息を多く払っている場合は、『引き直し計算』といって、払いすぎた利息を計算します。

弁護士や司法書士が、引き直し計算をして、債権者に突っ込むわけです。

業者さん、この人払いすぎてるから、借金減らして下さいね!と弁護士や司法書士が言ってくれるのが任意整理

 

テレビでもよく流れる『過払い金』というのは、払いすぎた利息が戻ってくる金額のことなんです。

 

任意整理は、払いすぎた利息、そして発生した過払い金で借金を減額します。

そのあと金利を原則カットして、「3年以内で借金を返済します」という約束をするわけです。

 

もちろん誰でも任意整理ができるわけではありません。

任意整理をするためには2つの条件があります。

1、減額後の借金を3年以内で返済できる

2、収入を継続して得る見込みがある

 

この2つの条件を満たしている方です。

 

任意整理のメリットはデメリットは?

任意整理のメリット

・未払いの金利や将来の金利、遅延損害金が全額カット

・裁判所での手続きや出頭は必要なく、官報にも名前が記載されない

 

 

任意整理のデメリット

・借金の免除を受ける仕組みではないので、元本を全額返済する必要がある。

・多少の減額が可能な場合はあるが、毎月の返済額は多め

・任意整理をしたあとは5年間借金ができなくなる

・最近は任意整理に応じない業者も多い(必ず弁護士・司法書士に頼むこと)

 

自分で元本くらいは返済したいという方や、借金額が100万円以下の方にオススメの方法です。

 

借金を5分の1まで減額!個人再生

個人再生は任意整理と自己破産の中間のような債務整理です。

 

裁判所に申し立てをして5分の1程まで借金を減らします。

「1ヶ月にこれくらい返済して、3年で完済します」という返済計画案が認められれば、借金を減額することができます。

裁判所を通して、借金の減額を依頼。3年間で完済を目指すのが個人再生

 
特別な事情がある場合は5年間での返済が認められる場合もあります。

 

個人再生のメリット

 

・借金が5分の1まで減額されるため、返済が楽

 

・住宅や車などの財産を手放さずに手続きできる場合もある

 

・債権者が強制執行(給料差し押さえ等)をできなくなる。

 

個人再生のデメリット

 

・借金が今後5年〜10年できなくなる

 

・返済ができる収入の見込みがないと手続き不能

 

・住所氏名が官報に記載される

 

 

以上のことから、個人再生は大きい借金額も返済が大幅に楽になる制度と言えます。

 

借金ゼロで再スタート!自己破産

究極の債務整理、といわれる自己破産。

自己破産は悪いイメージが多いかもしれません。

 

でも「自己破産をする借金の額は、200〜300万円の人が多い」と言われます。

「何千万の借金で自己破産」ということではなく、意外と返済が苦しい2〜300万くらい超えると自己破産のレベルなんですよ。

 

自己破産はデメリットもあるけど、借金がゼロになるのは大きなメリット

 
自己破産とは裁判所に破産申し立てをし、すべての借金をゼロにすることができる制度です。

 

自己破産ができるのは、「支払いが不能」となった場合です。

 

裁判所は収入や借金の額、資産などから総合的に判断します。

 

自己破産のメリット

 

・すべての借金額がゼロになる

 

・債権者が強制執行(給料差し押さえ等)をできなくなる。

 

・ある程度の財産は手元に残すことができる。

 

自己破産のデメリット

 

・借金が今後5年〜10年できなくなる

 

・住所氏名が官報に記載される

 

・免責決定(自己破産の手続きが終わること)を受けるまで一部職業(警備員や保険の外交員等)に就けなくなる

 

どうして自己破産をすると職業制限になるの?

自己破産をした人は、いわゆるお金がない人です。

そういった人に「お金を守る仕事はさせませんよ」という職業制限がされます。

 

商工会議所会員

株式会社の取締役及び監査役

有限会社の取締役及び監査役

証券会社の外務員

旅行業者

宅地建物取引業者

中央卸売市場の卸売業者

建設業法に定める建設業者

生命保険の募集人

損害保険代理店

風俗営業及びその管理者

警備員

 

自己破産を手続き中には以上の職業にはつけません。

ただし、自己破産の手続きが終わった時点で、職業制限はとけます。

自己破産は借金全額ゼロになるかわりに、一番ペナルティも重い方法と言えます。

 

借金額が膨れあがり、どうしようもなくなった後の最後の手段と考えましょう。

 

 

どれがしたい、ではなく「どの債務整理ができるか」ということ

「もう借金を帳消しにしたいから自己破産したい!」

「1番簡単そうな任意整理がいいな」

ということは選べません。

 

選べないというか、「自分に合った債務整理はどれだろう」ということが大切なんですね。

弁護士に相談すると「あなたの場合は、個人再生が1番早くて損しない」ということなどを教えてくれます。

 

債務整理の種類はたくさんありますが、「1番ベストな完済方法はどれか?」ということが重要になってきますよ。