借金解決の達人@プロが教える借金返済方法

借金は踏み倒せるのか?意外と知らない時効のハナシ

借金返したくない、でもこの借金逃げ切れたらどうなるんだろう・・・?

 

返せない、返したくない借金がある場合、返済をせずに放置するといわゆる「借金の踏み倒し」の状況になります。

 

このページでは借金は果たして踏み倒すことはできるのか?
借金の時効はいつまでなのか?ということを解説していきます。

 

借金には2つの時間がある

 

例外もありますが、借金は「いつまでに返してください」という約束をしますよね。

「いつまでに返済するか」という期間があれば、「時効」という期間もあります。

 

時効の特徴は「借金は相手が会社か、個人かによって時効の期間が違ってくる」ということです。

 

相手が貸金の業者や会社だった場合→5年間

 

相手が個人の場合→10年間

 

借金の時効が成立するタイミングって?

「お金の貸し借りはあったけど、貸した人が返してもらう行動をしなかった」というのが時効

 

債権者(お金を借りた相手)が権利を長時間行使しなかったと判断され、時効が成立します。

借りた側には支払い義務がなくなります。

 

だから消費者金融などの会社は、必死で借金の催促をするわけですね。

 

ただ時効が過ぎてしまえば勝手に借金がなくなるわけではありません。

 

「時効だから返さないよ」と貸した人に伝える

『時効援用』とは制度があります。

これはお金を借りた人が債権者に「時効が成立しましたのでもう借金は返しませんよ」ということを文書で知らせる手続きのことです。

 

時効援用ってどうやるの?

時効援用は一般的には弁護士や司法書士に時効援用の文書を作成してもらいます。

そして債権者に配達証明書付き内容証明で郵送します。

 

では夜逃げなどで時効が来るまで逃げ続ければ、誰でも借金を返さなくてよくなるか?

なかなか現実的には簡単にはいかないようです。

 

債権者には時効を中断する方法がある

借りた人にも権利があれば、貸した人にも権利はあります。

債権者には借金を回収するために時効を中断したり、時効までの時間を延ばす権利があります。

 

これを『消滅時効の中断』といいます。

消滅時効の中断になると、借金の時効がまたゼロに戻ってしまうんです。

 

『消滅時効の中断』は3つ

3つのいずれかの条件で時効が消えてしまいます。

請求

「借金の返済をして欲しいんです」と裁判所に提出することを「請求」といいます。

「訴訟したいんです」と訴えることで、時効が消滅します。

消滅した時効はまたゼロからになり、時効が成立するのにまた5年から10年かかります。

 

差し押さえなど

「返済してくれないので、差し押さえるよ」と債務者が行動すると、時効が消滅します。

きちんと「返済をしてもらう行動をした」という権利を使ったからですね。

差し押さえだけでなく、仮押さえ、仮処分の手続きも含まれます。

 

承認

承認というのは、借りた人が返す意志を示したときです。

「一部返済をした」というだけでも『承認』となり時効が消滅します。

また「返す意志はあるけど、待って欲しい」というのも『承認』で時効が消滅です。

この承認は、契約書を交わす必要はありません。

ただの口約束だけでも『承認』という形になり、時効が消滅してしまうのです。

 

請求、差し押さえ、承認、いずれかで時効は消滅する

 

お金を貸した人ができる行動は、とくに難しいものではありません。

消費者金融や銀行など、プロであれば、「どうやれば時効が消えるか」ということを熟知していて当然です。

気づかずに借金の時効が消滅している場合も

「あと○年経てば時効のはず・・・」と計算していても、自分が知らない間に訴訟されていたら時効は消滅しています。

 

「このまま支払わずに逃げ切れるかも・・・」と考えても、あっさり時効は消滅してしまうもの。

なかなか時効を迎えて返済しなくていい、というシーンは難しいでしょう。